紫陽花の季節に茨城の雨引観音へ

雨引山楽法寺

茨城県桜川市にある雨引山・楽法寺に参拝してきた。「雨引観音」と称されて親しまれている古刹だ。むかし一度、このお寺を訪れたことがあって、そのときには参道の脇に大きなあじさいの株が並んでいるものの、開花の季節ではなかったから、いつか紫陽花の咲く季節に来てみたいと思っていた。

雨引観音の石段

雨引観音と紫陽花

参道を三千株の紫陽花が埋め尽くす。
赤門と繁る紫陽花。

雨引観音の仁王門

雄麗な仁王門はその彫刻も力強い。
茨城県の指定文化財に指定されているそうだ。

雨引観音の仁王門

磴道と紫陽花

古い石段と紫陽花は見事に調和していた。
紫陽花は目の高さよりも低い位置に花弁をつけるから、ちょうど足もとの石段に馴染むのだろう。

石段と紫陽花

青い紫陽花

ちなみにこの磴道は厄除けの石段と呼ばれており、一段登るごとに「南無観世音菩薩」と称号を唱えて登ると、145段を登りきったときに厄が落ちるとのことだ。私はそういう言い伝えは大好きなので、参拝する前に調べておけばよかった。

雨引観音の磴道

雨引観音

雨引山楽法寺は、587年に法輪独守居士によって開かれた古刹である。
名称の由来は、大干魃に見舞われた821年の夏、嵯峨天皇が降雨を祈らせたところ、国中が大雨に潤ったことから、山号を雨引山と名付けられたことが始まりだそうだ。紫陽花の季節に訪れたくなる名称だ。

雨引山楽法寺

本尊である観音さまは、ひとびとの病気を癒し、延命長寿を与えてくださることから、安産・子育ての効験があるといわれている。ちなみに近くには延命水と呼ばれる泉が湧いており、延命長寿の功徳を得られるらしい。

現在の雨引観音の本堂は、1682年に建立されたものだそう。

観音堂

多宝塔は荘厳で迫力がある。近くでみると精巧に組まれた木々が美しい。

雨引観音の多宝塔

雨引観音の多宝塔

愛犬

雨引観音の境内には孔雀が放たれているので、犬には境内の外で待っててもらった。この日も、たくさんの参詣者の方になでてもらったので、満足そうな顔をしている。

ゴールデン・レトリーバー

雨引観音について

所在地
〒309-1231茨城県桜川市本木1
アクセス
  • 車の場合  北関東自動車道「桜川筑西I.C.」から
  • 電車の場合 JR水戸線岩瀬駅からタクシーで約10分
ホームページ
http://www.amabiki.or.jp(別ウィンドウで開きます)

桜川市の観光なら

真壁のひなまつりというイベントが有名だ。日記はこちら。

ほかに紫陽花を見に行ったときの日記は

大平山神社の紫陽花

山形市村木沢にある出塩文殊堂の紫陽花

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

2014-06-15 | Posted in Photo, 季節の写真No Comments » 

関連記事

Comment





Comment