庭の小さな畑で、野菜を育てる。
春先に畑を耕し、種をまく。定期的な水やりと草取り。
一週間もたてば、見違えるほど大きく成長していく野菜たち。
野菜が育っていくのを見るのも楽しいです。

そして家庭菜園の醍醐味は、採れたての新鮮な野菜を食べられることではないでしょうか。
2020年夏の我が家の畑を振り返って、
育ててよかったと思った野菜たちを紹介したいと思います。

枝豆

枝豆の収穫

新鮮で元気な枝豆はこんなに美味しいのかと、
我が家ではおそらく一番の感動をもって迎え入れられました。

さっと塩をもみこんで茹でるだけ。
コリコリっとした食感を楽しむことができます。
そして、ほのかに感じる豆の香りが素晴らしかった。

モロヘイヤ

モロヘイヤの若葉

モロヘイヤは、暑い夏でも元気に育ち、かなり大きくなりました

若い葉っぱを収穫したら、30秒くらいさっと茹でて調理します。
手軽に食べたいときは、めんつゆをさっとかけるだけで、美味しく頂くことができます。

モロヘイヤはとても栄養価が高いそうです。
珍しく今年は夏バテをしなかったのですが、
もしかしたらモロヘイヤを食べていたからかもしれません。

オクラ

オクラの莢

夏野菜の定番、オクラ。
刻んでそのまま食べてみましたが、
厚みがあるのに、ぷにっと柔らかくて、とても美味しかったです。
サッパリしていて夏にはぴったりの野菜だと思いました。

ミニカボチャ

ミニカボチャ

「坊ちゃんかぼちゃ」という品種の小さなかぼちゃです。
その小ぶりな実に、甘みが凝縮されています。
ちょっと茹でたたけでも、ホクホクと食感がよく、美味しかったです。
収穫できる量は多くないかもしれませんが、
趣味で家庭菜園をしている方には、オススメの品種だと思います。

ジャガイモ

ジャガイモの収穫

夏野菜というわけではありませんが、
私の今年の野菜収穫はジャガイモから始まりました。
ジャガイモを掘るのも初めてで、最初は土に触るのも戸惑いましたが、だんだんと土の感触にも慣れてきて、スコップを使うよりも、むしろ手で掘り起こす方が早いと思うようになりました。

茹でたジャガイモ

収穫したジャガイモを茹でて食べてみると、
味は文句なしに美味しく、食感がしっとりとしているのが特徴的でした。

新鮮な野菜で健康な暮らしを

また来年も、元気な野菜とともに、暑い夏を乗り越えたいと思います。

ミニトマト

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で