Law and Legal Information

Q.
法人が別の株式会社の取締役になることはできますか?

A.
法人が取締役になることはできません。

会社法の施行前は商法に定めがなかったため、法人が取締役に就任できるかは解釈に争いがありました。ただし、当時の見解でも否定説が多数を占め、登記実務上は法人が取締役になることを認めていませんでした。

そして、会社法の規定では、法人が取締役となることができないことが明文化されました。

法人の取締役を否定すべき理由としては、取締役が株主総会の信頼によって選任されているところ、実際に取締役の職務を執行する自然人が法人の意思によって変更されてしまう可能性があることなどが挙げられています。

(参照条文)
会社法第331条
次に掲げる者は、取締役となることができない。
1 法人

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で
The following two tabs change content below.
「ビジネスに有益な法務の情報を、分かりやすくご紹介すること」を目標として、このウェブサイトを開設しました。「法務」は、堅苦しいように思われがちですが、味方に付ければ大変心強いはずです。法的な問題について、お悩みやご相談ごとがございましたら、弁護士への法律相談をご検討ください。>> お問い合わせはこちら

最新記事 by 弁護士 金子 剛(金子総合法律事務所・栃木県弁護士会所属) (全て見る)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。