Law and Legal Information

Q.
定款で取締役を株主に限定することはできますか?

A.
公開会社では、取締役の資格を株主に限定する旨を定款で定めることはできません。
一方で、非公開会社においては、定款の定めによって、取締役の資格を株主に限定することが認められています。

(解説)
株式会社における所有と経営を分離し、株主以外からも広く経営者を募るため、会社法制定前の商法では、取締役を株主に限定する定款の効力を否定していました。一方で会社法制定前の有限会社法においては、そのような定款の効力を否定する規定が存しなかったことから、取締役を社員に限定する定款の効力が認められていました。
会社法では、公開会社か否かによって規律を分けました。すなわち、公開会社では、取締役の資格を株主に限定する定款の効力は認められず、非公開会社では、そのような定款の効力も認められています。

(参照条文)

会社法第331条
2 株式会社は、取締役が株主でなければならない旨を定款で定めることができない。ただし、公開会社でない株式会社においては、この限りでない。

会社法第2条
この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
五 公開会社 その発行する全部又は一部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について株式会社の承認を要する旨の定款の定めを設けていない株式会社をいう。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で
The following two tabs change content below.
「ビジネスに有益な法務の情報を、分かりやすくご紹介すること」を目標として、このウェブサイトを開設しました。「法務」は、堅苦しいように思われがちですが、味方に付ければ大変心強いはずです。法的な問題について、お悩みやご相談ごとがございましたら、弁護士への法律相談をご検討ください。>> お問い合わせはこちら

最新記事 by 弁護士 金子 剛(渋谷法律事務所・東京弁護士会所属) (全て見る)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。