法律専門家の探し方

法律の専門家

法律の専門家として、司法書士、行政書士、弁護士などがいます。
主な業務の概要は次のとおりです(下記以外の業務を扱う先生もいらっしゃいます)。

司法書士

登記または供託に関する手続の代理や、裁判所や検察庁、法務局に提出する書類を作成することが主な業務となります。
不動産登記に関する登記申請手続や商業登記に関する登記申請手続などを行います。
裁判所に提出する書類として、たとえば訴状や準備書面を作成することもあります。
そして、これらの書類の作成について相談に応じることも業務内容のひとつです。また、認定を受けた司法書士は、簡易裁判所における裁判手続の代理をすることも認められています。

行政書士

官公署に提出する書類、権利義務または事実証明に関する書類を作成することが主な業務となります。
官公署に提出する書類というのは、市役所、警察署などに提出する書類のことです。たとえば飲食店を開店する際に許可をもらうための書類などを作成します。権利義務に関する書類には、たとえば遺産分割協議書や契約書などが含まれます。
そして、これらの書類の作成について相談に応じることも業務内容のひとつです。

弁護士

訴訟事件や行政庁に対する不服申立事件の代理行為、その他一般の法律事務を幅広く取り扱うことができます。

どうやって専門家を探せばいい?

以下、弁護士の探し方を中心にご紹介します。

1. 公的機関や弁護士会の法律相談を利用する方法

  • 法テラス
    法律相談窓口の案内や無料法律相談(ただし収入等の要件があります。)を実施しています。
  • 弁護士会の法律相談センター
    各都道府県の弁護士会が運営する法律相談センターです。

2. 近所の弁護士を探す方法

日弁連のひまわりサーチ
所属弁護士会や事務所所在地、取扱業務などの検索条件から探すことができます。
The following two tabs change content below.
「ビジネスに有益な法務の情報を、分かりやすくご紹介すること」を目標として、このウェブサイトを開設しました。「法務」は、堅苦しいように思われがちですが、味方に付ければ大変心強いはずです。法的な問題について、お悩みやご相談ごとがございましたら、弁護士への法律相談をご検討ください。>> お問い合わせはこちら

最新記事 by 弁護士 金子 剛(渋谷法律事務所・東京弁護士会所属) (全て見る)

©  企業法務 All Rights Reserved.
PAGE TOP