Law and Legal Information

会社の定款には次のような事項を記載します。

絶対的記載事項

定款に必ず記載しなければならない事項(会社法27条)です。

  • 目的
  • 商号

  • 本店の所在地
  • 設立に際して出資される財産の価額又はその最低額

  • 発起人の氏名又は名称及び住所

  • 発行可能株式総数(会社法37条)

相対的記載事項

定款に記載しなければ効力を生じない事項
です。

  • 変態設立事項(会社法28条)

  • 株式の内容についての特別の定め(会社法107条)

  • 異なる種類の株式に関する定め(会社法108条)

  • 株主名簿管理人の定め(会社法123条)

  • 相続人の売渡し請求(会社法174条)

  • 単元株式数に関する定め(会社法188条)
  • 株券を発行する旨の定め(会社法214条)

  • 株主総会以外の機関の設置(会社法326条)

  • 役員の任期(会社法332条、336条)

  • 公告の方法(会社法939条1項) など

任意的記載事項

法令に違反しない範囲内で任意に記載する事項
です。

  • 設立時発行株式に関する事項(会社法32条1項)
  • 株式の名義書換手続

  • 定時株主総会の招集時期

  • 株主総会の議長

  • 事業年度 など

会社の設立に関するページ

会社の設立 | Business × Legal Advisor

会社の設立手続のご依頼はこちらから

CONTACT

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で
The following two tabs change content below.
「ビジネスに有益な法務の情報を、分かりやすくご紹介すること」を目標として、このウェブサイトを開設しました。「法務」は、堅苦しいように思われがちですが、味方に付ければ大変心強いはずです。法的な問題について、お悩みやご相談ごとがございましたら、弁護士への法律相談をご検討ください。>> お問い合わせはこちら

最新記事 by 弁護士 金子 剛(渋谷法律事務所・東京弁護士会所属) (全て見る)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。