弁護士 金子 剛(渋谷法律事務所・東京弁護士会所属)

TEL:03-5468-8688 (平日 9:00 〜 18:00) お問い合わせ
Takeshi Kaneko, Attorney-at-Law

私の取扱業務

相続・遺言

banner-inheritance

相続問題でお役にたてること。相続前の準備から、相続争いの解決まで。

夫婦・家族の問題

banner-divorce

家族の問題でお役にたてること。家族関係の悩みをお話ください。

法律相談

banner-counsel

日常的なトラブルからビジネス上の法的問題まで、幅広く法律相談を承ります。

企業法務

banner-corporate

契約書のチェックや法的見地からのアドバイス、債権回収、損害賠償請求など。

債務整理

banner-bankruptcy

借金を抱えた方のために債務の整理を行います。お早めにご相談ください。

労働問題

banner-labor

労働問題の解決に向けて、法的手続も視野に入れて活動します。

交通事故

banner-accident

交通事故で被害を受けた方へ。交渉から裁判までお任せください。

民事裁判

banner-trial

民事裁判の代理人として、利益の実現・最大化に向けた訴訟活動を行います。

ご依頼までの流れ

  1. 法律相談の予約
    お電話又はメールにてご連絡ください

  2. 法律相談
    相談の流れはこちらをご参照ください

  3. 委任契約の締結
    弁護士との委任契約書を作成します

  4. 委任事項の着手
    お打合せに基づき、業務を遂行します

業務方針

親身にお話を伺います

依頼者の真の利益を実現しようとするとき、法律だけに目を向けていればいいというわけではないと考えています。
依頼者の胸中、過去のいきさつ、取り巻く事情を十分に汲み取ることができるよう、幅広く、そして深く、依頼者のお話を伺います。

適宜に進捗状況を報告します

トラブルという不安を抱えているときには、たった一歩の前進が分かるだけでも、安堵の胸をなで下ろすことができるものです。
このような観点から、お任せ頂いた案件の進み具合を適宜にお知らせすることも、弁護士のサービスの一環であると考えております。

適正な解決を心掛けます

弁護士に資格が必要とされているのは、弁護士としての活動が、社会正義の実現という公益的な役割も担っているからだと考えます。
社会正義が歪められている状況を正すことが、弁護士に与えられた使命であることを心に銘し、ひとつひとつのご依頼に取り組んで参ります。

弁護士のプロフィール

profile
弁護士 金子 剛
渋谷法律事務所・東京弁護士会所属

経歴

2001.3
栃木県立真岡高校卒業
2005.3
東北大学法学部卒業
2005.11
23歳で司法試験合格
2007.9
司法修習後、都内の大手法律事務所勤務
2010.2
弁護士として独立、法律事務所経営

⇒ 詳しいプロフィール

最近更新した記事

Temple

遺産の範囲 – 相続の対象

相続とは、亡くなった人の権利と義務を、家族など一定の身分関係にある人が引き継ぐことをいいます。財産をもらえるということは想像がつくかもしれませんが、どのような権利を引き継ぐことになるのでしょうか。 はじめて相続を経験され […]
flowers

相続放棄の手続の流れと必要書類

相続で引き継ぐのは、不動産や預貯金などのプラスの財産だけではありません。亡くなった方が借金をしていた場合には、借金を返すというマイナスの財産(債務)も引き継ぎます。 借金を返すという債務を相続した相続人の方は、亡くなった […]
chart-700-1

相続の開始後に認知された者が価額の支払を請求する場合における遺産の価額算定の基準時と支払債務が履行遅滞に陥る時期(最高裁平成28年2月26日第二小法廷判決)

相続開始後に認知されて相続人となった方が、すでに遺産の分割をしていた他の相続人らに対して、民法910条に基づいて、価額の支払いを求める場合、遺産の価額算定の基準時はいつになるでしょうか。また、価額支払請求を受けた他の相続 […]
real_property

不動産登記の調べ方

相続の手続をされる際、不動産の登記(とうき)に関わることがあるかもしれません。亡くなった方が所有していた土地や建物を相続したときには、「私が相続しました」という登記(いわゆる「名義変更」ですね)の手続をすることとなるから […]
Building

共同相続人が相続財産である不動産を目的とする賃貸借を解除するときは、過半数で決する(最高裁昭和39年2月25日第三小法廷判決)

被相続人が他人に貸していた土地を、複数の相続人が相続により承継取得しました。遺産分割が未了である間、相続人のひとりが、単独で、本件土地の賃貸借契約を解除して、土地の明渡しを求めることができるでしょうか。 結論 各共同相続 […]