焙煎したての

ガリガリと豆を挽いて、
ドリップポットでじっくり淹れる。

コーヒーを丁寧に淹れる朝のひとときは、
今日一日を有意義に過ごそうという気持ちにしてくれます。

最近はやなか珈琲店というコーヒー豆専門店で、
普段のコーヒー豆を買っています。
ここのお店で豆を買うと、その場で焙煎してくれるのです。

袋を開けるまでもなく、
こうばしいコーヒー豆の香りが部屋中に広がります。

新鮮なコーヒー豆は、
ミルで挽いてお湯を注ぐと、
生き物のように、ぷくぅと膨れ上がります。

気のせいかもしれませんが、
いい香りに刺激されると想像力が高まるような気がします。

仕事を持って帰ってきていたので、
今日はコーヒーを飲みながら、ちょっとひと仕事です。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

2010-08-01 | Posted in Diary, 食べたことNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment