民法第419条
  1. 金銭の給付を目的とする債務の不履行については、その損害賠償の額は、債務者が遅滞の責任を負った最初の時点における法定利率によって定める。ただし、約定利率が法定利率を超えるときは、約定利率による。
  2. 前項の損害賠償については、債権者は、損害の証明をすることを要しない。
  3. 第1項の損害賠償については、債務者は、不可抗力をもって抗弁とすることができない。
平成29年改正前民法第419条
  1. 金銭の給付を目的とする債務の不履行については、その損害賠償の額は、法定利率によって定める。ただし、約定利率が法定利率を超えるときは、約定利率による。
  2. 前項の損害賠償については、債権者は、損害の証明をすることを要しない。
  3. 第1項の損害賠償については、債務者は、不可抗力をもって抗弁とすることができない。

条文の趣旨と解説

金銭を目的とする債務の不履行については、その損害賠償の額は法定利率によって定められるとされていたところ、平成29年民法改正において法定利率の変動制が採用されたことに伴い(民法404条)、法定利率の適用の基準時につき、当該債務につき債務者が遅滞の責任を負った最初の時点の法定利率によるものと規定されました。

条文の位置付け