美術館巡りコミュニティ – ゴッホ展に行ってきました

定期的に美しいものに触れることで、
心に栄養と潤いが補給される気がします。

そんな芸術好きの人が集まって、
半年程まえに、美術館巡りのコミュニティができました。

これまでに、
庭園美術館の「有元利夫展」(そのときの日記は→コチラ)や、
Bunkamura ザ・ミュージアムの「フランダースの光展」などを訪れています。

今日は、メンバーで仕事帰りに時間を合わせて、
国立新美術館の「ゴッホ展」に行ってきました。
平日は午後6時で閉館してしまうのですが、
毎週金曜日は午後8時まで開いているのです。

今回の企画展、サブタイトルが「こうして私はゴッホになった」とあるとおり、
ゴッホの生涯をたどるように作品が展示され、
また、ゴッホが影響を受けた画家の作品も随所に置かれています。

同時代の画家の絵を模写していたり、
同じテーマを繰り返しデッサンしたり。
晩年には独特の画風を確立したゴッホであっても、
技法への苦悩とすさまじい努力の跡が残されていました。

そんなふうにゴッホの軌跡をたどりつつ、
次第に作品の完成度は増していき、
展示の後半には有名な「種まく人」や「灰色のフェルト帽の自画像」などの作品を鑑賞できます。

絵具が幾重にも塗り重ねられた点描画は、
まるで彫刻のような立体感をもって観る人に迫ってきます。
さすがゴッホだけに一つ一つの作品も素晴らしいと思いました。

美術館巡りを終えると、
恒例の美食巡りに移ります。

美味しい食事をしながら美術館巡りの感想を語り合う時間は、
よりお互いの感動を深めあうことができる時間です。

今日は、国立新美術館から近く、
西麻布の「すし天」に行ってきました。

おまかせコースを注文すると、
旬の魚を使った握りを出してくれます。

日本酒を飲みながら、1貫ずつ運ばれてくるお寿司を堪能しました。
デザートの黒糖アイスは、これだけでお店を開けるんじゃないかと思うくらい美味でした。


この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

2010-12-03 | Posted in Art1 Comment » 

関連記事

コメント1件

 2011年の目標 | Things change | 2011.07.10 20:51

[…] 標を立て、 幸いにも美術館巡りサークルの立ち上げにも関わることができました(日記はコチラ)。 今年は、作品を鑑賞するだけでなく、 自分でも「写真」や「陶芸」などチャレンジ […]

Comment





Comment