三重に出張に行ってきました。

せっかくなので、前日の夜から津市のホテルに泊まって、
仕事が始まる前に、伊勢神宮にお参りすることにしました。

津市から伊勢市行きの始発電車は5時13分。
こんなに早朝の電車に乗ったのは久しぶりです。

タタン、タターンと電車に揺られながら、
夜明け前の真っ暗な景色を眺め、

遠くに見える山の輪郭がはっきり見えるようになると、
光がにじみ出てくるように、空が水色とだいだい色に染まり始めました。

伊勢市には6時4分の到着です。

駅からゆっくり歩いて10分くらいのところに、
「外宮」と呼ばれる豊受大神宮があります。
神宮参拝は、この外宮からお参りするのが、ならわしだそうです。

鳥居をくぐると、そこから先は深い緑に包まれていて、
時がとまっているような感じがします。

早起きしたせいか人は少なく
砂利を踏むザッザッという音が響きます。

外宮のお参りを終えたあと、
「内宮」行きのバスに乗り、内宮にお参りしました。

五十鈴川の澄んだ流れと、森閑とした境内のなかで、
こころも清められる感じがします。

内宮の参拝を終えたあとには、
「おはらい町」という門前町で買い物や食事ができます。

でも、お参りが終わったのが9時前だったので、
ほとんどのお店は開いていなくて、

9時から開いていた「赤福本店」で、
伊勢名物の赤福を頂いて帰りました。

かなり充実した朝時間でした。
普段の生活でも、出勤前にこんな感じで名所巡りをできたらいいなと思いました。








この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で