山形の魅力/御釜で自然の神秘に接し、山寺で絶景を見て、地産の美味を食す

蔵王の御釜

山形に行ってきた。
山形市内から車で蔵王まで行き、高原の景色を眺めながら蔵王連峰を登った。
標高が高くなるにつれて、見晴らしがよくなっていく。

頂上付近の駐車場から少し歩いたところに、岩山に囲まれた巨大な湖が現れる。
観光名所のひとつとなっている蔵王の御釜だ。
火山の火口の底に水が溜まってできた湖らしいが、
標高の高い山の上に大きな湖があるというのも不思議な感じがする。

つくも

市内に戻り蕎麦屋に立ち寄った。
「つくも」という蕎麦屋さん。
このお店の素晴らしいところは、カウンターの向こう側で天ぷらを揚げてくれて、コース料理のように一品ずつ出してくれるところ。
揚げたての天ぷらをじっくりと味わうことができる。

かみのやま温泉

東北といえば温泉。
かみのやま温泉の「時代屋」に行った。時間帯が早かったせいか、貸切露天風呂に通してもらえることに。その心遣いが嬉しい。

ちなみに去年は近くの橋本屋という旅館に立ち寄った。そのときの日記はこちら。

山寺

山形旅行2日目。
山形駅から電車でおよそ20分のところにある山寺に行った。

山寺駅

山寺駅を降りて正面の山の頂上付近を眺めると、お寺が建っているのが見える。

山寺への登山口。

登山口を少し登ると根本中堂という大きなお堂に対面。

さらに本格的な山道に入っていく。

「閑さや岩にしみ入る蝉の声」松尾芭蕉。

石段を登っていくと、頂上付近に寺院が集まっている。
見晴らしが素晴らしい。こんなに高いところまで登ったんだと驚く。

帰りはふもとにある蕎麦屋さんでなめこそば、デザートにさくらんぼジェラートを。

高畠町で葡萄狩り

山形市内に戻り、今度は車で高畠町に行き、
ぶどうの季節だったので、ぶどう狩りをした。
もぎたてのぶどうを贅沢にいただく。産地の醍醐味だ。

近くの高畠ワイナリーにも立ち寄った。
まるで昔の小学校を改装したかのような味のあるワイナリー。
醸造の工程が見学でき、ワインのテイスティングもさせてもらえる。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

2011-09-23 | Posted in Photo, 旅の写真No Comments » 

関連記事

Comment





Comment