三菱一号館美術館「奇跡のクラーク・コレクション」

三菱一号館美術館で開催されている「奇跡のクラーク・コレクション – ルノワールとフランス絵画の傑作」を観に行った。

IMG_0375_1

三菱一号館美術館の建物は、明治時代に英国人建築家によって設計された「三菱一号館」を復元したつくりになっている。内装も忠実に再現されているから、まるで映画のセットのようなレトロ感が漂う。

クラーク・コレクションは、たしかな審美眼をもつアメリカのクラーク夫妻が収集したコレクションの巡回展だ。ルノワールを中心として、モネ、ドガ、ピサロなどの印象派の作品が主に展示されている。

あいにくというか、幸いだったというか、今日は低気圧の影響で、美術館への入場者が少なかった。
三菱一号館美術館はひとつひとつの展示室が小さいから、ゆっくりと静かに鑑賞できるのはありがたい。

クラーク夫妻がどのような気持ちで絵画を集めたかを想像してみるのもおもしろい。この絵のどこに惹かれたか、コレクションの共通項は何か。
どの作品も観るほどに引き込まれていって、ずっと絵画のまえで観ていたい気持ちになった。

ちなみに三菱一号館美術館にはcafe1894というとても雰囲気のよいカフェが併設されている。絵画の余韻を引き継いで、食事を楽しむことができる。

「奇跡のクラーク・コレクション – ルノワールとフランス絵画の傑作」
会場:三菱一号館美術館
会期:2013年2月9日(土)〜2013年5月26日(日)
開館時間:木・金・土10時00分〜20時00分
 火・水・日・祝10時00分〜18時00分
休館日:月曜(祝日の場合は18時まで開館、翌火曜休館、ただし5月20日は開館)

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

2013-04-06 | Posted in ArtNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment