第12回谷川真理ハーフマラソンに参加した

荒川の河川敷で開催される
谷川真理ハーフマラソンに参加した。

朝6時50分の電車に乗って、赤羽岩淵に向かう。
赤羽岩淵の駅で降りると、数人の参加者と一緒になった。

晴れ渡る冬の青空の下、
朝の河川敷はとても清々しい。

ハーフマラソンは10時から始まり、
人の集中を防ぐため、15分ごとに3回に分けてスタートする。

これまで練習では、およそ15km以上走ったことがなかったので、
21.0975kmというハーフマラソンの距離を走りきれるか、かなり不安だった。

レース前のアナウンスによれば、
このハーフマラソンの距離は、東京(品川?)から横浜までの距離になるそうだ。
なるほど、横浜までは走って行けるということか。

テンションの上がる音楽とともに、
スタートのアナウンスがあった。

スタートしてすぐに会場から
「残り21kmでーす」という応援の声が聞こえたとき、思わず笑ってしまった。
言われなくても分かってますよ。

ペース配分が分からなかったので、
とりあえず普段と同じくらいのペースで走ることにした。

緊張していたのもあってか、
3kmを過ぎたあたりから激しく脇腹が痛くなってきた。
走っていて脇腹が痛くなるなんて、けっこう久しぶりのような気がする。

脇腹痛いのって治るのかなーと思いながら、景色を見ながら走っていると、
だいたい8kmくらいのところで脇腹の痛みが消えた。

自分のペースを取り戻したので、
中盤以降は、普通に走り…

19kmくらいの坂でちょっと歩いてしまったが、
なんとか完走することができた。

走っているときは、もう辛くて仕方がないが、
そのぶんゴールしたときの喜びが大きかった。

その後、トライアスロンのチームのみんなと「おめでとう」の飲み会をして帰ってきた。
もう階段も降りられないくらい足が痛い。

これからは大会も意識して、
普段から大会の距離を実際に走らなきゃと思った。

ちなみに、
走っているとき脇腹が痛くなる原因をネットで調べてみると、
「体内にガスがたまってる」「酸素不足による腸のけいれん」が原因となっているらしく、
対処法としては、深呼吸をしながら、思い切ってペースを落として走るのがよいみたい。
(→「レース中のトラブル」RUNNET






この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

2011-01-09 | Posted in DiaryNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment