東京都美術館「エル・グレコ展」

上野にある東京都美術館で開催されている
エル・グレコ展に行ってきた。

エル・グレコは、スペインで活躍した画家で、
その作品のほとんどを宗教画が占める。
ちなみに、「エル・グレコ」というのは、ギリシャ人という意味で、
本名はドメニコス・テオトコプーロスというらしい。

私は以前、岡山の大原美術館で、
エル・グレコの『受胎告知』という作品を観て、
一気に魅了されたことがある。
美術には疎かった私だったけれど、
その絵のまわりだけは重力が違うくらいの雰囲気が漂っていて、
「魅了」という言葉では言い表せないほど圧倒されてしまった。

今回の東京都美術館のエル・グレコ展では、
『無原罪のお宿り』という高さ3メートルを超える祭壇画が見所になると思う。
展覧会のコピーにもあるとおり、「見上げたら忘れられない」
3メートルを超える絵画を見上げると、
それは「鑑賞」というよりも「絵の世界に入り込む」という感じになる。
絵画全体がうねるような構図になっていて、
少しずつ立ち位置を変えていくと、絵画が動いているように見えて面白い。

東京都美術館「エル・グレコ展」
会期:2013年1月19日(土)から4月7日(日)まで。
休室日:毎週月曜日、2月12日(火)。ただし2月11日(月)は開室。
開室時間:午前9時30分から午後5時30分まで(入室は午後5時まで)
夜間開室:毎週金曜日は午前9時30分から午後8時まで(入室は午後7時30分まで)
東京都美術館のホームページ

ちなみに、下の写真は大原美術館を訪れたときのもの。
美術館の庭園には彫刻が展示されていて、庭を歩くのも楽しかった。

IMG_0040_1

IMG_0042_1

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

2013-03-17 | Posted in ArtNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment