軌跡

自分を客観的に見つめる機会を作ろうと思い、
今年から1冊のノートに詳細な業務日誌を記すことにした。

まず、ひとつの仕事に取りかかった時間を記して、
業務の中身や、考えたこと、調べたことなどを書いていく。
そして、その仕事が一区切りついたときには、
終わった時間も書いておく。

記録を付け始めたことで、
過去の自分の行動や成果を正確に把握できるようになった。
また、これから着手する仕事の所要時間も予測しやすくなったと思う。

昨日1日の記録を振り返ってみても特に感慨は湧いてこないが、
1週間、1カ月という単位で振り返ると、
着々と経験を積んでいるんだなぁと実感することができる。

070728_1820~001

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

2011-01-24 | Posted in 法律家としてNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment