子ども手当ての法律を読んでみた

今日から一部の自治体で子ども手当の支給が始まりました。

報道では「一部の自治体で〜」と書かれていたので、
ん、自治体によってバラバラなの?
と思って、根拠となる法律を調べてみました。

ちなみに、この法律の正式な名前は、
「平成22年度における子ども手当の支給に関する法律」といいます。
「平成22年度」と書かれているとおり、
いちおう法律上は今年度だけの期間限定になります。
このままいけば、
来年も「平成23年度における」子ども手当法が作られると思いますけど。

ちょっと簡単に法律の内容をまとめると、

(1) 金額について
 → ひと月につき、1万3,000円×子どもの数だそうです。

(2) 支給の要件について
 → 15歳未満の子どもがいて、しかも父母が日本に住んでいること。
  (もうちょっと要件は複雑になっています。)

(3) 支給の時期について
 → 今年の6月、10月、来年の2月に、それぞれ前月までの分が支払われます。
  そして、来年の2月分と3月分は、来年の6月に支払われるそうです。

となっています。

いちおう法律には、
・孫を育てているんだけど、子ども手当はもらえるのかしら?
・児童手当も受けてるんだけど、どんなふうに調整されるの?
・自治体に寄付したいわ
というような場合のことも書かれています。

法律の原文は、こちらから
<平成22年度における子ども手当の支給に関する法律> 法令データ提供システム(総務省)

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で

2010-06-01 | Posted in DiaryNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment