弁護士 金子 剛

TEL:0285-81-6745 (平日 9:00 〜 17:00) 相談の予約
Takeshi Kaneko, Attorney-at-Law

最近更新した記事

money-image

共同相続された投資信託受益権と個人向け国債(最高裁平成26年2月25日第三小法廷判決)

本判決の位置づけ 共同相続された投資信託受益権と個人向け国債は、相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはないと判断しました。 事案の概要 (1) XらとYは、被相続人Aの子であったところ、Aは平成17年9月3 […]
Temple

自己の相続分の全部を譲渡した者の遺産確認の訴えにおける当事者適格(最高裁平成26年2月14日第二小法廷判決)

本判決の位置づけ 遺産確認の訴えにおける当事者適格について、共同相続人のうち自己の相続分の全部を譲渡した者は、遺産確認の訴えの当事者適格を有しないと判示しました。 2.事案の概要 (1) Aは土地建物(以下「本件不動産」 […]
house-image

共有物について遺産共有持分と他の共有持分とが併存する場合(最高裁平成25年11月29日第二小法廷判決)

本判決の位置づけ 共有者が遺産共有持分と他の共有持分との間の共有関係の解消を求める手続は、民法258条に基づく共有物分割訴訟である、 遺産共有持分を他の共有持分を有する者に取得させ、その者に遺産共有持分の価格を賠償させる […]
money-image

保証人が主たる債務を相続したことを知りながらした保証債務の弁済と時効中断の効力(最高裁平成25年9月13日第二小法廷判決)

本判決の位置づけ 保証人が主たる債務を相続したことを知りながら保証債務の弁済をした場合、当該弁済は、特段の事情のない限り、主たる債務者による承認として当該主たる債務の消滅時効を中断する効力を有すると判示しました。 事案の […]
calculator-image

既に弁済期にある自働債権と弁済期の定めのある受働債権の相殺適状(最高裁平成25年2月28日第一小法廷判決)

本判決の位置づけ 既に弁済期にある自働債権と弁済期の定めのある受働債権とが相殺適状にあるというためには、受働債権につき、期限の利益を放棄することができるというだけでなく、期限の利益の放棄又は喪失等により、その弁済期が現実 […]
Golf-image

ゴルフ場経営を目的とする地上権設定契約及び土地賃貸借契約と借地借家法の地代等増減額請求(最高裁平成25年1月22日第三小法廷判決)

本判決の位置づけ ゴルフ場の経営に利用されている土地に係る地上権及び土地賃借権について、借地借家法11条の類推適用をする余地はないと判断したものです。 事案の概要 土地について所有権又は共有持分権を有するYは、昭和63年 […]
calculator-image

根保証契約の被保証債権が元本期日前に譲渡された場合における保証債務の履行請求(最高裁平成24年12月14日第二小法廷判決)

本判決の位置づけ 根保証契約の被保証債権が譲渡された場合に、その譲渡が根保証契約に定める元本期日前にされたものであっても、保証人に対して、保証債務の履行を求めることができると判示したものです。 事案の概要 Yは、平成19 […]
building-image

新設分割と詐害行為取消権(最高裁平成24年10月12日第二小法廷判決)

本判決の位置付け 新設分割について、詐害行為取消権を行使して、権利の承継の効力を否定することができると判示しました。 事案の概要 債務者Aは、株式会社Yを新たに設立すること、AはYに不動産を含む特定の権利義務を承継させる […]
postbox-image

債務整理開始通知をした行為の破産法162条1項1号イ及び3項「支払の停止」への該当性(最高裁平成24年10月19日第二小法廷判決)

本判決の位置づけ 破産者の代理人である弁護士が債権者一般に対して債務整理開始通知を送付した行為が、破産法162条1項1号イ及び3項にいう「支払の停止」に当たると判示したものです。 事案の概要 Aは、弁護士法人に対して債務 […]