弁護士 金子 剛

TEL:0285-81-6745 (平日 9:00 〜 17:00) 相談の予約
Takeshi Kaneko, Attorney-at-Law

最近更新した記事

building-image

新株発行の無効の訴えに係る請求を認容する確定判決の効力を受ける第三者の、再審の訴えにおける原告適格(最高裁平成25年11月21日第一小法廷判決)

本判決の位置づけ 新株発行の無効の訴えに係る請求を認容する確定判決の効力を受ける第三者は、当該確定判決に係る訴訟について独立当事者参加の申出をすることによって、当該確定判決に対する再審の訴えの原告適格を有する、と判断しま […]
memo-image

非免責債権に該当することを理由として提起した執行文付与の訴え(最高裁平成26年4月24日第一小法廷判決)

本判決の位置づけ 免責許可の決定が確定した破産債権を有する債権者が、当該破産債権が非免責債権に該当することを理由として、当該破産債権が記載された破産債権者表について執行文付与の訴えを提起することは許されない、と判断しまし […]
meeting-image

取締役の最低人数

取締役は何人以上いなければいけないのですか? 取締役会設置会社については、取締役は3人以上でなければなりません。 これに対して、取締役会設置会社以外の会社では、最低人数の定めはなく、1人でもよいこととされています。 会社 […]
calendar

成年後見開始の審判と遺留分減殺請求権の消滅時効(最高裁平成26年3月14日第二小法廷判決)

本判決の位置づけ 時効の期間の満了前6箇月以内の間に精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある者に法定代理人がない場合において、少なくとも、時効の期間の満了前の申立てに基づき後見開始の審判がされたときは、民法1 […]
土地のイメージ

不動産の登記に関する訴訟における権利能力のない社団の原告適格(最高裁平成26年2月27日第一小法廷判決)

本判決の位置づけ 権利能力のない社団は、構成員全員に総有的に帰属する不動産について、その所有権の登記名義人に対し、当該社団の代表者の個人名義に所有権移転登記手続をすることを求める訴訟の原告適格を有する、と判断しました。 […]
money-image

再生債権として届出がされた共益債権の行使(最高裁平成25年11月21日第一小法廷判決)

本判決の位置づけ 共益債権に当たる債権を有する者は、共益債権に当たる債権につき、再生債権として届出がされ、再生計画案を決議に付する旨の決定がされた場合には、当該債権が共益債権であることを主張して再生手続によらず行使するこ […]
calculator-image

商法266条1項5号に基づき取締役が会社に対して支払う損害賠償金に付すべき遅延損害金の利率(最高裁平成26年1月30日第一小法廷判決)

本判決の位置づけ 商法法(平成17年法律第87号による改正前のもの。)266条1項5号に基づき取締役が会社に対して支払う損害賠償金に付すべき遅延損害金の利率は、民法所定の年5分である、また取締役の会社に対する損害賠償債務 […]
money-image

共同相続された投資信託受益権と個人向け国債(最高裁平成26年2月25日第三小法廷判決)

本判決の位置づけ 共同相続された投資信託受益権と個人向け国債は、相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはないと判断しました。 事案の概要 (1) XらとYは、被相続人Aの子であったところ、Aは平成17年9月3 […]