民法第524条
申込者は、遅延した承諾を新たな申込みとみなすことができる。
平成29年改正前民法第524条
承諾の期間を定めないで隔地者に対してした申込みは、申込者が承諾の通知を受けるのに相当な期間を経過するまでは、撤回することができない。
平成29年改正前民法第523条
申込者は、遅延した承諾を新たな申込みとみなすことができる。

条文の趣旨と解説

承諾期間経過後に承諾の通知を受けたとしても、申込みが効力を失っていますので(民法523条2項)、契約は成立しないこととなります。しかし、申込者において申込みどおりの契約を成立させる意思を引き続き有している場合には、契約を成立させる可能性を残しておくことが、双方当事者の利益に適います。そこで、本条は、遅延した承諾を新たな申込みとみなすことができると規定しています。

平成29年民法(債権関係)改正の前後で規律に変更はありませんが、条文番号が繰り下がっています。

条文の位置付け